読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱちコマな日々

ざれごと、たわごと、うわごと、しごと。

シン・ゴジラ観てきました

たわごと

はじめに

ブログはじめて早3ヵ月、何も書いてませんね。

ここまでの放置っぷりは自分でも関心します。

それはおいといて、エヴァの監督である庵野さんが作ったシン・ゴジラを観てきました。

ネタバレしない程度に感想でも書いてみます。

結論

何はともかく結論からですね。

字幕つらかったです。

でも、ゴジラかっこよくて面白かったです。

見どころ

字幕

ふと思いつきで観に行きました。 良い席が無いどころか、IMAXの大画面で前から2列目しかチケットが余っていませんでした。

まぁ邦画だし字幕じゃ無いし大丈夫だろう。と、自分を納得させながらチケット購入。

しかし、いざ席に座ってみると、画面がものスゴく大きい。近い。これがIMAXか。

そして上映開始1分くらいで、自分の考えの浅さに後悔してました。

字幕がめちゃくちゃ多いのです。エヴァの監督ですからね。でもエヴァより多い。

名前付の登場人物や場所やらに、ご紹介字幕を徹底して入れて来ます。

誰も興味ないでしょっていう脇役さんにも。

ちょっと悪ふざけを感じますが、まぁ庵野さん楽しんでいるようで何よりです。

もし、これから観に行く方は、画面全体を見渡せるくらい後ろの席をオススメします。

ゴジラ

ゴジラかっこいいです。

なんでしょうこのワクワク感と絶望感。

  • 優雅にゆらめく長い尻尾
  • 自衛隊の攻撃をものともしない外皮装甲
  • 夜空にきらめく庵野光線

男の子にはこれだけで観に行く価値があります。

ゴジラかっこいいです。

ヒト

柄本明さんや大杉連さんなどをはじめ、大勢の俳優さん達が、 何とも言えないシュールなやり取りでジワリと笑わせてくれます。

そしてそんな人達がやる気があるんだか無いんだかよく分からないテンションで、 圧倒的・絶対的な無敵生物ゴジラに立ち向かい始めるのです。 ただ、安心して下さい。長谷川博己さん演じる主人公周辺は最初から最後までヤル気満々なので、日本の未来は明るいです。

怪獣映画といえば非現実的な感じがしますが、この映画で扱っているテーマはまさに現代の課題です。

そこで頑張っている人達を見ていると、こちらもついつい現実を重ねてしまいます。

  • 現実の人達もこれくらい頑張ってるのかな
  • 日本もうちょっと頑張れるのかな
  • 僕ももうちょっと頑張れるのかな

そんなことをボンヤリと考えてさせてくれる人達が活躍する映画です。

まとめ

久々に邦画を映画館で観ました。 もう一度、全体を見渡せる席でちゃんと観たいですね。

そういえばその昔、敬愛する葛城ミサト先生(エヴァの人)は言ってました。

  奇跡を待つより捨て身の努力よ

僕の大好きなセリフのひとつです。でも僕は待ってます。

庵野さん、エヴァ新劇場版完結という奇跡、映画館で待ってます。